ダイエット茶の本場、台湾ではこのように飲む事で効果をあげている

ダイエット茶は台湾や香港でも良く売られていますが、茶葉ではなく日本でおなじみの冷たいペットボトルを買おうと思うと「無糖」と書かれているものを探さないといけない状態です。特に紙パックのお茶などは大体砂糖が入っていて、びっくりします。ジャスミン茶などにも砂糖が入っているのでダイエット目的で飲んでいる人にとっては困ったことになりかねません。慣れると美味しいのですが。
そんな香港・台湾でのお茶事情ですが、今でこそグルメ観光名所にもなっている茶芸館も、昔は男性がくつろぐものだったようであまり女性は行くものではなかったと聞きました。
延々と茶菓子をかじりつつ商談をしたり碁を打ったりしたそうです。
私個人の感想として、ダイエット茶は100g5000円を超えると味のランクがまったく違う気がします。旨味が違うというか、茶の液の色はむしろ薄くなるのに、味や香りが濃くて複雑にからまって際立つといった感じでしょうか。海外での今の相場は判りませんが、中国茶専門店などで購入すると大体それくらいの値段が目安だと思います。機会があればぜひ100g数百円の茶と1000円以上の茶を飲み比べてみて頂きたいと思います。

ダイエットプーアール茶は痩せるお茶ですがうれしい事に美容や便秘解消効果もある。とされています。
ダイエットプーアール茶はその名の通り、プーアール茶葉100%で作られています。

意外と知られていないのですがプーアール茶葉には酵素が大量に含まれています。
ダイエットプーアール茶を毎日飲んでいると自然に酵素を摂取する事ができるので
今流行りの酵素ドリンク等を飲む必要もありません。

引用参考:痩せるお茶人気ランキング【最新版】|ダイエット茶の効果と口コミ

ダイエット茶は日本で手に入るものとして手軽なティーバッグが挙げられますが、大体ティーバッグのダイエット茶は細かく砕かれた茶葉が多く、ダイエット茶本来の葉が開いて立つ香りを楽しむには至らない感じがします。砕かれていないダイエット茶葉は、丸まっていたものがお湯の中で開くと綺麗で艶やかな一枚ずつの葉の形になります。この茶葉は飲むだけではなくそれ自体を料理にも使用できます。天ぷらにしたり、炒め物にして爽やかさを添えたり、炊き込みご飯にしたりと、様々です。
日本茶と異なり、高温で抽出するダイエット茶は料理にも向いているということなのでしょう。なかなか手を出し辛い価格とは思いますが、思い切っていいお茶を購入したら、飲むだけではなくお料理にも使ってみてはいかがでしょうか。いきなりお料理に使うのには勇気がいるという方は、お茶を抽出した後の開いた茶葉を一枚とってかじってみてください。
その味が爽やかで美味しく感じられたらお料理にも使いやすいかと思いますよ。




コメントはまだありません


Puedes dejar el primero : )



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です